evahss

tiga:

え、全部18m?

darylfranz:

【画像】期限切れ肉のナゲットが販売された可能性のある地域図wwwwwwwwwww - アルファルファモザイク
nise3kawan:

1406099207800.jpg

もがみ型は知名度がイ - 艦これ@ふたばhttp://dec.2chan.net/60/res/224085.htm

nise3kawan:

1406099207800.jpg

もがみ型は知名度がイ - 艦これ@ふたば
http://dec.2chan.net/60/res/224085.htm

採用で面接官に悪い印象を与えてしまう、応募者の6つの発言


1. 前職の会社の悪口

悪口を聞きたい人はほとんどいません。仮にそれが事実であったとしても、悪口はプラスの印象とはなりません。面接の時間は短いので、悪口に時間を割くヒマはないのです。

とりあえず、ポジティブな表現、もしくは向上心を感じる表現を心がけてください。

例えば、どうしても前職を辞めた理由を説明しなければいけなくなったら、下記のような言い換えをしてみてもいいかもしれません。

例)
「同僚の能力が低かったので」⇒「同僚は能力不足で悩んでいたようで」
「給料が安くて」⇒「条件面でもっと上を目指したいと思い」

2. やれません・できません

基本的に「やれません」「できません」だけで会話を終わらせてしまうのは、印象が良くありません。
もちろん、できもしないことを「できる」と言ってしまうのは絶対にNGですが、「できない」をストレートに言い過ぎない工夫、あるいは「できない」をカバーする工夫は必要ではないでしょうか。

例)
「できません」⇒「経験がないので判断が難しいのですが、頑張りたいと思います」「それはできませんが、代わりに●●をすることで貢献できると思います」
「やれません」⇒「できるだけのことをやろうと思います」「やってみたいことではありますが、●●の方が得意です」

事前の情報収集で、どちらがいいのかを確かめておきましょう。

3. 将来の年収はいくら位になりますか?

面接官にとって、将来の年収がいくら位になるか、というのは答えにくい質問の1つでもあります。なぜなら、人によって大きく異なるからです。
管理職になればそれなりにもらえるかもしれませんし、あまり給料が上がらない方もいるかもしれません。また、会社を取り巻く環境によっても給与は変動します。

こういう場合は、人事制度について質問するといいでしょう。このとき、人事制度についてきちんと教えてくれない会社は、あまりいい会社とは言えません。

例)
「30歳で、年収はいくら位になりますか?」 ⇒ 「御社の人事制度は成果型ですか?年功型ですか?」「成果型(年功型)の詳しい内容を教えてください。」

また、将来の給与を聞きたいのであれば、内定をもらってから、それを承諾する前に社員の人に面談のチャンスを貰い、直接聞くのも手です。

4. どんな教育制度がありますか?

多くの会社は、公式、非公式に関わらず「社員研修」を行っています。しかし、これはあくまで経験を通した印象ですが、入社する前から「自分が施される教育」のことばかり聞かれると、「うーん」と心良く思わない面接官が多かったと思います。

これは、多くの会社員が「会社は学校と違い、教育は与えられるものではない」と感じているからではないかと思います。

基本的に「自分で勉強せよ」が多くの会社員の意見だと思った方が、少なくとも面接の場においては、適切なのではないかと思います。したがって、ここでは「社員がどのように勉強しているか」を聞くのが一番妥当です。

例)
「御社にはどのような教育研修制度がありますか?」 ⇒ 「社員の方は勉強熱心なのでしょうか?」「どのように自己研鑚している人が多いのでしょう?」

5. 聞かれていることに答えていない、聞かれていないことまで答える

面接の時間は有限なので、面接官は「判断材料をきちんと集める」ことに全力を注いでいます。それにもかかわらず、応募者が「聞かれたことに対して答えていない」「余計なことまで答えている」と、面接官はひどく時間が無駄になったと感じがちです。

聞かれたことに簡潔に、結論から答える。これが面接の最大の秘訣と言ってもいいでしょう。

例えば、次の会話を見てください。

面接官 「志望動機を話してください」

応募者 「私はこれまでアパレルショップでチーフをしてきました。時には大変なこともあったのですが、仲間と相談して、困難を乗り越えることができました。前職で学んだことが●●です。その経験が、御社の営業職で…」

このとき、面接官は間違いなく、「結論から言ってほしい」と感じていると思います。

同じ内容を結論から話すと、次のようになります。

面接官 「志望動機を話してください」

応募者 「はい。私が御社を志望した理由は、営業として貴社の●●の仕事をやりたいと思ったからです。それは、私が前職のアパレルショップでチーフをしていたときに、●●を学んだ経験が、御社の営業職で…」

このように、面接官と自分の時間を最大限に効率良く使うことが重要です。回り道をしているヒマはありません。

6. 質問しない

ほとんどの面接では、面接官の質問がひと通り終わると、「応募者の質問時間」が取られます。そして、「応募者からの質問」を重視している会社は非常に多いです。

「どのような視点でウチを見ているのか?」「なにに疑問を持っているのか?」「表面的なことでなく、本質的なことを質問できるか?」といったように、質問からは非常に多くの情報が得られます。

したがって、質問しないこと自体がマイナス、というよりも「質問によってアピールできる時間があるのに、使わないのはもったいない」ということです。必要であれば、面接中に筆記用具を使う許可を得て、質問のネタを書き留めておくと良いと思います。

「美術って、遊びを商売にしているようなものだけど、学校ではそんなに遊んでばかりいると教頭先生に叱られてしまうので、ちょっとは絵を描いてみようか」

とA4のコピー用紙を配る。

「さーて、紙はいきわたったかな?

 それでは、わけた紙にちょっと絵を描いてもらう。これから黒板に書く条件で描いてもらうぞ。」

と、以下を板書する。

  • 画材は何でもいい。鉛筆でもボールペンでもマジックでも、持っているものを適当に使うこと
  • ただし、紙を見てはいけない。下敷きにノート等を使い、机の下で描くこと。

「さあ、条件はこれだけ。とにかく、見ないで描けばいいということだ。

 では、この条件でこれから板書するものを描いてください。

 時間は3分。質問はなし」

と、モチーフを板書する。

  • 皿の上にリンゴがのっているところ

意味わかんねーよ、とか、時間が短すぎて描けねーよ、とかいう文句を聞き流して

「はい、じゃあはじめてー」


「よーし、そろそろ時間だね。はい、では紙を机の上に出してくださーい。

 ちょっと見回らせてもらおうかな・・・・・・」

ニコニコしながら自分で机をまわって、絵を見ていく。全員分をみたところで

「・・・・・・・うんうん、やっぱりねー」


「僕は毎年4月の初めの授業で同じことをやっていますが、今年もやっぱり、でした。では、何がやっぱりなんだと思いますか?」

「ほぼ9割以上の人が、丸い皿の上にリンゴひとつ、それを斜め上から見たところを描いていますね。僕は「皿の上にリンゴがのっているところ」としか書いていませんね。皿の形も、見る角度も、リンゴの個数も指定していません。」

「だいたい、クラスに数人くらい、少ないときは1人か2人は、真横から見たり、四角い皿を描いたり、リンゴを複数描いたりします。切ってウサギを作ったところを描いた人も過去にいましたよ」

「見ないで描けというのは、実は罠です。見ることができないと、かえって「上手く描こう」というほうに意識が向いてしまいます。そのために、美術にとって1番大切なことがおろそかになってしまう。美術にとって1番大事なことは、上手に描くことではないんです。」

「では美術にとって1番大切なことって何か。それは【ものの見方・ものの捉え方】なんです。特に10代のみなさんにとっては【自由にものを見る】ということが大切だと僕は思います。」

「さっきトランプ手品をやりましたよね。手品って、人間の視覚の構造を利用したり、人間の意識の自由を奪って騙すものなんです。」

「当たり前の丸い皿を、当たり前の角度から、とりあえず1つだけ描く。これって、全然自由がありません。上手に描こうということに意識を奪われてしまい、他のことを考えられなくなってしまったから、自由がなくなってしまったんです。皿の上にリンゴがのっているところを描くという、こんなシンプルなことですら、みなさんの自由は簡単に奪われてしまいました。」

「何かに囚われずに考えるとき、人間は自由でいられるんです。みなさんは、囚われずに考えてはじめて人間は自由になる、ということを今は大事にしてください。これは美術に限ったことではありません。数学も英語も国語も物理も歴史も、人間が自由になるために積み上げてきたものだと僕は思います。」

「自分で考えて自由になる、というのはとても気持ちのよいことです。美術というのは、そうした自由がそのまま大事にされます。こういう自由を愛する人は、きっと美術が好きになってくれると思います。」

「本当は、囚われる、ということも美術にとっては大切なことなのですが、それについては10年後にいっしょにお酒を飲むことがあったらお話しますね。」

「それではこれから1年間、僕と付き合ってください。ああ、つまらなかったら授業にでなくてもいいですよ。作品さえ出してくれれば、作品だけで成績をつけますから。しつこくいいますけど、他人の邪魔さえしなければ出席を含めた態度なんてどうでもいいんです」

torefurumigoyo4:

Central Park - New York

torefurumigoyo4:

Central Park - New York

女の子(5歳)が「せんせい、どんな おうちに すみたい?」と聞くので「お城みたいな大きなお家に住みたいな!」と答えたら、「わたしは だいすきな ひとが いる おうちに すみたいな」って。もう一回。もう一回だけ、先生に答えるチャンス頂戴。
petapeta:

20 интересных кадров — Интересное — Релакс!